大切な家族の手に入れ方、それぞれの利点と覚えておくこと

一番のスタンダード、ペットショップ

当たり前ですがペットはおもちゃではなく、プライベートな時間を長い時間過ごす、大切な家族となります。テレビの動物番組などで「あっ!こんなペットが飼ってみたい!」と思った経験のある方も数多くいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは代表的なペットの買い方とトラブル回避のためのポイントをご紹介します。まず最初に思い浮かぶのは「ペットショップ」ですが、実店舗の利点は何といっても実際にペットに触れて吟味できるところです。TVで見て可愛いと思っても、実際に会ってみるとそうではなかった。またはその逆のケースもありますので、気になるペットがいたら、ショップに足を運んで実際に触れあってみるのも良いでしょう。ワクチンなどのアフターフォローも整備されている場所も多いので、安心して購入ができることもメリットの1つです。

ネット上のブリーダーから手に入れる

日本人は「限定もの」「ブランド」という響きに弱い気質がありますが、大切な家族なら「血統書」というブランドが欲しくなるのも頷けますよね。インターネットで気になるペットの種類を検索すれば、犬や猫を筆頭にそれぞれのブリーダーサイトに行き当たります。気になったペットがいても、そのブリーダーが近くに住んでいない限り、実際に見られない点では、ショップに劣りますが、信頼できるブリーダーと何より手に入れたい血統を探せるがメリットでしょう。ブリーダーによっては、ネガティブな口コミも一部で見られますので、インターネットから購入する際は実績がキチンとしたところから入手し、事後のトラブルを回避しましょう。

友人・知人からの紹介

最後に、友人や知人を通して買い受ける方法です。血統書がついていても格安で手に入れるということが殆どであり、なんといっても初期の金額が抑えられるというメリットがあります。しかしその後、予想しない先天性の病気や疾患が見つかった場合には、友人知人なだけに「強く言えない」という事態に陥り、泣き寝入りまたは関係に支障が出しまうリスクもありますので、友人知人を通した買い受けについては、十分な覚悟を持ったうえで行いましょう。

ペットにするための子猫を選ぶ場合、健康状態が良く活発に動く個体を選ぶことが大切です。子猫販売の業者を利用する際は子猫の健康管理に気を配り、清潔な状態を保っている優良な所を選びます。