ペットショップだけじゃない。ペットの買い方選び方

ペットショップやブリーダーから買う

ペットを買うときに一番ポピュラーなのは、ペットショップを利用するという方法です。気軽に覗きに行ける上、グッズや育て方に関して相談に乗ってもらえるというのも嬉しいポイント。ただし動物の扱いが悪い、儲け主義のショップがあるのも事実です。標識の有無や保障制度など、お店を選ぶ目を持つことが肝心です。ブリーダーから購入するという方法もあります。特定の犬種に関して深い知識を持っているので、欲しい犬種が決まっている人なら頼りにすることができます。ただしこちらも、浅い知識でむやみに繁殖させているケースがあるので注意が必要です。

愛護団体から譲り受ける

動物愛護団体や、里親探しの団体から譲り受けるという方法もあります。無料なのがまずメリットとして挙げられます。また、犬の命を救うことが出来るのも大きなポイントです。引き取り手のいない犬はいずれ殺処分されてしまいます。ですので、こうした団体からペットを引き受けることは、命を救うことに繋がるのです。ただし性格に難がある子が多いので、犬が保護された経緯を事前にチェックする必要があります。里親募集は動物病院でも行われている場合があるので、探してみるのもいいかもしれません。

通販で買う場合の注意点とは

インターネットを通じて通信販売でペットを手に入れることもできます。家にいながら、いろいろな子を比較検討できるというメリットがあります。ただし、ペットの通信販売にはいろいろな問題があることも事実です。まず画面からの情報だけでは、鳴き声や動きなどの情報が分かりません。またすべての業者が良心的とは限らないので、病気の犬が届いたり、着いてすぐ死んでしまったというトラブルも続発しています。トラブルが多いことを念頭に置いて利用するようにしましょう。

子犬販売なら東京都で行うと、ペット飼育可能な住宅が多い傾向にある地域ですので、安定した利益に期待が出来ます。