買う前にチェック!愛犬にぴったりな服の選び方とは?

そもそも犬に服は必要なの?

冬になると、犬に服を着せるべきかで悩む飼い主さんが増えてきます。そもそも毛皮を着ているんだから服は必要ないのでは……と思うかもしれませんが、犬に服を着せるのはいろいろな理由があるからなのです。例えば防寒。特に短毛の犬にとって、冬の寒さは辛いものなのです。じゃあ夏は着せなくていいのかと言うと、実はそうではありません。紫外線や輻射熱から肌を守ったり、抜け毛を周囲にまき散らさないという理由もあるのです。必要に応じて、愛犬に服を着せてあげましょう。

まずはサイズをしっかりチェック

人間と同じく、服を選ぶ際にいろいろな注意点があるのは犬も同じです。事前調査が足りなかったばかりに、折角買ったのに着なかった、なんて事態が起こるのも人間と同じ。選ぶ際のチェックポイントを押さえておきましょう。まず何を置いても大切になるのがサイズです。窮屈な服は、着ている犬のストレスになってしまいます。ただし犬の場合、サイズの基準がメーカーによって違うことも多いのです。首回りや胴回り、着丈や前着丈など、愛犬のサイズを事前に測っておきましょう。

まずは布面積の小さいものから

犬の肌は非常に敏感です。だからこそ、素材にはしっかり気を付けてあげましょう。合わない素材の服を選んだばかりに、夏場の蒸れや冬の乾燥など、余計な肌トラブルを呼び込まないようにしたいところです。もう一点気を付けたいのが、徐々に服に慣れさせてあげるという点です。いきなり服を着せられると、犬にとっては大きな違和感を感じ、ストレスになってしまうことがあります。できるなら子犬のうちから服に慣れさせてあげましょう。また、最初は面積の小さいものを選び、徐々に慣らしてあげることが大切です。

犬の服はアウトレットセールで買うことができます。しかも高品質なので素材にもこだわっています。トレーナーも充実しているので種類も豊富です。