暑い夏の対策に活躍します!壁面緑化に挑戦!!

壁面緑化とはどのようなものでしょう

壁面緑化とは建物や家などの壁を緑の植物で覆うことによって夏の強い日差しを遮るものです。壁面緑化をすることによって、影ができ、植物の間を通り抜ける風は涼しく感じ、その建物の中の温度を下げることができるのです。クーラーの利用期間を短くしたり、設定温度を下げることができ、地球にも優しい活動です。また、大きな通りに面している家などでは直接家の中を覗かれることを防止することもでき、プライバシーを確保することにも繋がります。

どのように壁面緑化をすれば良い!?

壁面緑化にはつる性の植物が用いられることが多いです。つる性の植物は長くつるを伸ばすので、棒などで支えてやることによって、壁の上の方まで全体を植物で覆うことに適しています。つる性の植物には、ゴーヤー、キュウリ、トマト、なすなどがあります。これらの種や苗はホームセンターやショッピングセンターなどで簡単に購入することができ、とても利用しやすいでしょう。地面やプランター、植木鉢などに植え、壁面緑化をしたい場所の下に置いて支えをつけてやるとぐんぐん成長します。

こんな利用の仕方もあります

壁面緑化をするために使うつる性の植物の多くには実がなります。それらの実は収穫し、料理することができるので、楽しみながら壁面緑化をすることができるのです。壁全体に大きく育つのがとても楽しみになります。また、子どもがいる家庭などではその実を使って食育などをすることもでき、子どもの好き嫌いをなくすことにも繋がります。自分で育てた食べ物は美味しく感じるものです。子どもの食で困っている人は是非挑戦してみると良いでしょう。

建物の壁に植物を植えることを壁面緑化といいます。植物を植える土地に余裕が無い都心部などに見られ、無機質な景観に緑で安らぎを与えてくれます。