これで一生使える!?機械式時計を手入れする方法の基本をご紹介

普段の手入れ方法を知ろう

機械式時計は、数年に一度オーバーホールさえすれば大丈夫だと思っていませんか?たしかにオーバーホールは機械式時計にとって必要不可欠ですが、普段の手入れも大変重要なんですよ。機械式時計は、驚くほど繊細なバランスで成り立っている精密機械だということを認識して扱うことが大切です。まず、腕から取り外した際に置いておく場所ですが、必ず文字盤を上にするよう心がけましょう。機械式時計の動力源はゼンマイですが、毎日同じ時間に最後まで巻き切ることで、寿命は大きく伸びます。

メーカーでオーバーホールを行う利点と注意点

普段の手入れでは不可能なムーブメント内の洗浄や調整を行うことをオーバーホールと言います。その頻度は3年に1度が適切だとされています。基本的にオーバーホールをお願いする先は、その時計のメーカーです。メーカーは、その機械式時計について何処よりも詳しいですし、交換用の歯車やゼンマイなどの在庫も充実しています。メーカーのメリットは、なんといっても安心感にあるでしょう。メーカーにオーバーホールをお願いすれば、必ず新品同様の状態で戻ってきます。注意点は、費用が比較的高額に及ぶことです。場合によっては5万円以上の費用が掛かるので気を付けましょう。

時計修理店にオーバーホールを依頼する利点と注意点

数年に1度のオーバーホールは、必ずしもメーカーにお願いしなくても良いんですよ。時計修理を生業とする店に依頼することもひとつの方法です。時計修理店の利点は、なんといっても費用を安く抑えられることです。店によって多少上下しますが、メーカーの半値程度で済ませられます。修理内容をきめ細かくカスタマイズできることも利点のひとつ。たとえば、ケースや風防磨きは必要ないと事前に伝えることで、さらに費用を抑えられます。注意点は、お店によって技術力や得意分野に開きがあること。口コミ情報などを調べ、信頼を置ける業者を選ぶと良いでしょう。

ブシュロンとは、フランスの高級装飾品ブランドのことです。ハイジュエリーを中心に展開されていますが、時計や香水の販売も行っています。