機械式時計を大事に扱うために!正しい手入れの方法を勉強しよう

時計を保管する場所に気を付けたい

デザインが気に入っている機械式時計だからといって、テーブルの上などの目立ちやすい場所に保管していると、機械式時計に直射日光が当たる事になってしまいます。強い日差しが機械式時計に当たり続けてしまうと、ゼンマイなどの異常が起きる原因になってしまうので、なるべく温度や湿度が高くない場所に保管しておいてください。横向きにして置いておくのも、リューズを傷つける原因になるので注意をして、文字盤を上向きにして保管する事を推奨します。

自動巻きの不調の確かめ方

自動巻きタイプの機械式時計を使っていると、たまに時計が止まってしまう事があると感じるかもしれませんが、それは生活リズムの問題が原因の場合もあります。あまりにもデスクワークの時間が長すぎるせいで、自動巻き機能が上手く動いてくれずに、ゼンマイが巻き上がってくれない事もあるためです。デスクワークをしている人でも、利き腕は頻繁に動かす事になりますから、なるべく利き腕に機械式時計を装着しておきましょう。それだけで手動巻きなどの手入れの手間を省けます。

自分の手でゼンマイを巻くタイミング

腕を動かしているだけでゼンマイが巻かれていく、自動巻き機能の便利さを過信して、手動でのゼンマイ巻きをしなくなったという人も珍しくありません。しかし機械式時計の手入れを考えるのであれば、たまにはゼンマイを手動で巻いておいた方が、時計の精度が安定しやすいという点は覚えておいてください。ゼンマイのトルクが十分ではないか、手動巻きで確かめる事も重要です。あまり力を込めてゼンマイを巻かないように気をつければ、初心者でも手動巻きは簡単です。

ウブロとはスイスの高級時計メーカーです。歴史、品質、デザインに優れており、世界中の人に愛されています。